将棋ウォーズで出てくる手筋のエフェクトの一覧表を作ってみました。

たたきの歩

たたきの歩・手筋エフェクト

たたきの歩が随所で使えるようになれば初心者卒業っていう、そんな手筋

垂れ歩

垂れ歩・手筋エフェクト

 

タレ歩は俗に言う生意気な一手かと

底歩

底歩・手筋エフェクト

 

ディフェンスの強い者は底歩をうまく使いこなす。

田楽刺し

田楽刺し・手筋エフェクト

 

名前が良いですよね。つい田楽を食したくなってしまう。

これ決まると味が良い手だなーって思ってしまいます。

ふんどしの桂(両取りの桂)

両取りの桂・手筋エフェクト

 

両取りの桂よりもふんどしの桂の方が言い方としては面白い。

英語ではフォークというのもなるほどと思えますね。それは、

野球の変化球でフォークボールの握り方を彷彿とさせるからです。

桂頭の銀

桂頭の銀・手筋エフェクト

 

こちらも底歩同様ディフェンス色の強い手筋です。

でも、この手が出てきたときには手遅れな事が多い気がする・・・

特に守り駒が少ない時

割り打ちの銀

割り打ちの銀・手筋エフェクト

 

決まると気持ちの良い手筋でこれがあるから将棋は面白いんだよなーって思える。

腹銀

腹銀・手筋エフェクト

 

攻める時にも慎重に

という慎重派の将棋指しが使う手筋というイメージがありますね。

遠見の角

遠見の角・手筋エフェクト

 

遠見の角が使いこなせたら結構かっこいいと思います。

THE・スナイパーな戦略家っていうイメージ

玉の早逃げ

玉の早逃げ・手筋エフェクト

これができるかできないかで実力が分かる。

手筋エフェクト・全種類のコレクションまとめ

如何でしたでしょうか?

将棋ウォーズで出現する手筋は10個、とそこまで多くはありません。

手筋は他にも沢山ありますがとりあえず上記をマスターしておけば困らないのかと。

どれも使いこなすことが出来れば初心者は卒業と言っても良いかもしれませんね。