将棋をやり始めて多くの人が最初に目指すべき目標段位がアマ初段だそうです。

24、クエスト、81ドージョー、勿論ウォーズでも初段はまず初心者の到達目標の1つではないでしょうか?

 

しかし初段と一口に言っても様々な棋力・レベルの初段が存在します。

どこかのサイトで以下のような面白いことが書かれてありましたので独自の見解を添えつつ引用します。

初段の棋力

  1. 最も強い初段:プロ(奨励会)の初段(将棋ウォーズでは軽々と5段以上)
  2. 強い初段:将棋倶楽部24などの段位がインフレしているところでの初段(将棋ウォーズでは2、3段程度に相当するレベル)
  3. 普通の初段:道場初段レベル。将棋ウォーズでは達成率は概ね50%前後をキープしているが75%未満の者が多い。
  4. 万年初段:将棋に限らず段級位制を採用している様々な競技に存在するのが万年初段さん。達成率は50%未満。初段から先へ進めない。
  5. ペーパー初段:将棋雑誌の問題などで解いて付与された初段位(ペーパー初段)で実践に乏しい為、そこまで強く無い。

以上のように初段の定義は非常に幅広いことがお分かりいただけたかと思います。

 

貴方はどれになりたいですか?

1は天才でも無い限り無理だとしても2にはなりたいな!と思う方が多いのではないでしょうか?

まあ、2になれば将棋ウォーズ初段は堅いです。二段、三段にだってなれます。(自慢する気は毛頭ございませんが(というか自慢にもならないが)現に私はココです。終盤力は15手詰め〜19手詰め程度の者が多い。

3は世間一般的な初段の実力と言って良いでしょう。道場初段とでも言いましょうか?ウォーズでは二段になれず、達成率で言うと50%以上ではあるが75%以上はちょっと厳し目の人達です。終盤力は詰将棋13手詰め程度の者が多い。

4は初段になってとりあえず満足しちゃった人たち。趣味程度に楽しめれば良いや!と、開き直って学ぶことを放棄してしまった人たちもここに該当しますね。 道場初段にも多い。やっとの思いで将棋ウォーズ初段になる。達成率は約50%前後をキープしている者とそれ以下の者たちが殆ど。中には棋神を使い到達したちゃっかり者も。終盤力は9〜11手詰めの程度の者が多い。

5は将棋の雑誌に掲載されてある問題集を解くだけで取得可能です。実戦する必要が無いのです。ペーパー初段でも勿論強い人はいますが殆どは実戦経験に乏しいはずです。将棋ウォーズで初段になれる者はそこまで多く無いと思われます。

 

 

このように将棋ウォーズ初段にも様々なレベルが存在するわけですよ。

私の経験上、将棋ウォーズでの初段になるのは将棋倶楽部24や81Dojo、将棋クエストに比べて優しめのような気がします。

 

あなたが現在ウォーズ1級だとして初段に壁を感じているのだとすれば勉強不足が一番の原因かと。

やはり強い人は初段の壁も難なく突破できてしまうものです。

3〜5ぐらいまでのウォーズ初段で良いというのであれば壁を壊す難易度はそこまで高くは無いでしょう。

将棋ウォーズ初段の棋力レベルは大体このぐらい

  • 詰将棋は9手詰め〜15手詰め程度が解ける程度の終盤力。
  • 得意戦法が1〜5つ程度ある。
  • 定跡を1〜10つ程度暗記している。
  • 序盤の駒組みのコツを知っている。
  • 殆ど変な手を指さない。
  • 頓死することが級位者に比べて極端に減る。

大体こんな感じではないでしょうか?

将棋ウォーズ初段を難無く突破する為には以上の実力を確実に身につけてさえいれば可能だと思います。